ベビー用品の役割について覚えておきましょう

購入する

母と子

便利な購入方法

ベビー用品を購入するなら、通販が便利です。通販サイトを利用する際に抑えておきたいポイントについても紹介しています。通販サイトの選び方や、便利に利用する方法が把握できるでしょう。

READ MORE

主な役割

赤ちゃん

おむつはずし

一般的に、子供が1歳くらいになるまではおむつを使用します。1歳あたりから、トイレトレーニングが始まるのです。この、トイレトレーニングに役立つベビー用品がおまるでしょう。トイレトレーニングを行なう時はトイレの存在を教えることから始まるのです。トイレについては絵本などを利用して教えるようにしましょう。また、トイレトレーニングの一環として、トイレでオムツを変えるようにします。おまるに座らせたりしながらトイレに慣れさせていきましょう。多くの場合は、3歳くらいまでにはトイレトレーニングが完了します。個人差によって、トイレトレーニングが完了する期間が変わってくるので焦らずにトレーニングを行なうと良いでしょう。これは子供のペースに合わせてあげることがとても重要になってきます。また、おまるはトイレに落ちてしまうことを防ぐ効果もあります。基本的に必ずしも必要なベビー用品ではありませんが、あった方が便利です。お尻がトイレに落ちてしまうのを怖がる子供には、必須でしょう。

トレーニングの効果

おまるには様々な役割があります。基本的な役割を覚えておけば、便利に利用することができるでしょう。一般的に、トイレトレーニングを効果的に進めていくために使用します。おまるがあることで、子供が安心できるのです。おまるを使う時期は、子供が一人で座れるようになってからでしょう。特に、まだ上手くバランスが取れない子供にとっては、とても役立ちます。持ち手がついているタイプのものを利用しましょう。おまるに座る際に、バランスが悪いと子供が怖がってしまいます。怖がったり、緊張したりすると上手くおしっこが出せなくなることもあるでしょう。持ち手を持って安定感を出せば、リラックスさせることができるのです。基本的に、椅子の上でもバランスを崩さずに座れるようになってくると、補助便座が活躍します。これを使えば自分一人でおしっこをすることができるようになるでしょう。トイレトレーニングを効率的に進めていくことができるようになるのです。

メリットとデメリット

おまるを使うことによって、メリットを得ることができます。ただ、デメリットもあるので覚えておくと良いでしょう。手軽に購入できるベビー用品なので、持っていると何かと役に立つはずです。おもちゃの代わりに利用することもできるでしょう。まず、おまるのメリットですが、両足が床につくので安定感があります。そのため、子供が転倒してしまうのを防げます。特に子供にとっては、自分の力で完全にバランスを取ることが難しいので、おまるを使えばこのような問題も解決します。また、リビングや廊下でも利用できるので、急に催した時でも安心です。子供にとっても、我慢せずに用を足すことができるのは嬉しいことでしょう。デメリットとしては、衛生管理が必要なことが挙げられます。ただ、ちょっとした工夫をすることで、このような問題を解消することができるでしょう。デメリットに比べると、おまるを使うメリットの方が大きいのです。